税務(個人・法人)

事務所相談風景

個人・法人の皆様の、幅広い税務のご相談事に対応いたします。

まずはお客様のお話をしっかりお聞きした上で、昭和50年の事務所開業以降蓄積した経験・ノウハウを元に、皆様が近年の大きな税法改正に無理なく対応できるよう、問題を解決いたします。

税務申告(連結納税を含む)

申告書作成ソフトを使うのに不安はありませんか?

近年税法改正が頻繁に行われる中で、会計帳簿の電子化を含め、申告書作成ソフトが一般に普及してきております。

しかし、税法の改正をよく認識されないまま、途中の計算式が見えにくい申告書作成ソフトを使用することに不安はありませんか?

税務申告業務を代行し、わかりやすく説明

私どもは皆様にお作り頂いた帳簿等をもとに税務申告にかかる業務を代行し、その内容及び結果についてわかりやすく説明いたします。

税務申告書のレビューにも対応

また、申告書をご自身の会社で作られている皆様には、皆様が作成された税務申告書をレビューさせていただきます。

なお、私どもは国税電子申告・納税システム(e-Tax)に対応しております。

決算業務・決算整理仕訳

「日々記帳する仕訳」と「決算整理仕訳」

会計には「日々記帳する仕訳」と、決算時のみ記帳が必要な「決算整理仕訳」の2つがあります。

「日々記帳する仕訳」は、商品を売り買いした事実を受けて、これを「預金 100万円 / 売上 100万円」といった仕訳の形で記録するものです。

「決算整理仕訳」は、毎年決算書を作成することが求められており、費用を今年の費用と来年以降の費用とに按分することが主な目的で記録するものです。

複雑な決算整理仕訳はお任せください

この「決算整理仕訳」を行う決算作業は、会計上複雑な調整を伴いますので、決算業務を代行ないしは皆様が作成された「決算整理仕訳」をレビューさせていただきます。

帳簿の記帳指導

記帳の指導

帳簿を作成する記帳業務は、本来皆様自身で行なっていただくべきと考えております。自分自身の懐(ふところ)を他人任せにしてよろしいのでしょうか?

私どもの事務所では「記帳をどのようにおこなえばいいの?」、「会計ソフトを使用した記帳を行いたい」と考えられるお客様に対し、記帳及び会計ソフトの導入を懇切丁寧に指導します。

記帳のチェック

ご自身で作られた帳簿について、「消費税の処理がよくわからない」、「正しい仕訳を行えているのか心配」というお客様に対し、月次ベースで皆様の帳簿に問題がないかをチェックします。

記帳の代行支援

記帳業務は本来皆さんで行なっていただくべきと考えておりますが、「簿記の知識のある従業員を雇う費用の方が高い」または「担当の従業員が辞めると経理が全くわからなくなってしまう」とお考えの個人のお客様や比較的小規模な法人のお客様には、私どもの事務所が記帳をを支援いたします。

消費税申告の指導

わかりにくい消費税申告をスムーズに

消費税は所得(利益)にかかわらず、消費者が負担しなければならない税金です。
過去、税率の引き上げ(3%から5%)、納税免除者の範囲縮小(売上高1,000万円に引き下げ)が行われ、近い将来さらに税率が上がると見込まれています。

この消費税の申告は、一般的にリスクが高く、「判断がつきにくい」、「計算がよくわからない」といって悩まれていませんか?

私どもの事務所が帳簿をチェックし、スムーズに申告を行えるよう指導させていただきます。

税務(個人・法人)

会計・内部統制・監査

藤本会計事務所

〒541-0053
大阪市中央区本町2丁目3番14号
船場旭ビル802号 (地図はこちら)

電話番号:
06-6271-7625
Fax番号:
06-6263-0478

お問合せフォーム

ページトップへ戻る